遊戯王人気サイトランキング

御坂妹大研究PARTⅡ     F2000


遊戯王人気サイトランキング
前回の意外と好評だったバレットに続く御坂妹の銃火器シリーズ第2弾です。
今回は禁書Ⅱから御坂妹がかばんの中から取り出したこの銃です。・・・てかよくかばんの中に入るな。
d0228501_21202316.jpg

 FN社が2001年に発表した、ブルパップ式の次世代突撃銃で、米国のOICWの対抗馬とされる。
 IWS(Integrated Weapon System:統合火器システム)の異名を持つ本銃は、その名の通り各パーツをユニット化する事で、メンテナンスや装備の変更が容易かつ迅速に可能。排莢方式もユニークで、空薬莢は従来の薬室右には飛ばさず、チューブを経てハンドガード部まで移動させた後、右前方へと飛ばす。その為、使用者の利き手を選ばず、臨機応変にどちらの手で保持しても使える初のブルパップ式突撃銃となっている。それまでのステアー AUGなどでも、排莢孔を左右スイッチすることは可能だったが、パーツの交換が必要で、「とっさに持ち替えて撃つ」ことは難しかったのだ。
 フォアエンド部には銃同様ユニット化されたアドオンが用意されており、40mmグレネードランチャー(GL1)や散弾銃、LAM、ピカティニーレールなどが無加工で装着可能。本体上面には、小火器としては異例のFCS(Fire Control System:火器統制装置)が装着され、内蔵されたレーザー距離計が、照準器で捉えたターゲットとの距離を自動測定し、GL1発砲の際などに射手に対して適切な発射角度を指示してくれる。

 他方、同世代のXM29と同様、FCSには「本当に実戦で役立つか?」「実戦に対応出来る堅牢さでない」という疑問、批判も少なくない。良環境におけるメディア向けのデモ射撃では良い結果を示すことができても、苛酷な戦場での酷使に耐えられなかったり、動力源であるバッテリーが兵士の重荷となってしまう可能性があるからだ。ただ、FN社もそうした批判を意識してか、他のライフル+グレネードランチャーにも装着可能な、より簡便な汎用型FCSを新たに開発しているようだ。

 また、そうした先進的な試みやスタイルの一方で、意外にも主要な機構や部品には、民生品や既に実績のある『枯れた』技術が多用されており、開発コストを抑えることに成功している。また先進技術を用いていないため輸出制限を受けることもなく、XM29等が未完成の新技術を盛り込みすぎて頓挫したのとは対照的な仕上がりとなっている。

 2006年には、規制に合わせた16インチ長のバレルをもつ民間向けのスポーターモデルFS2000が登場した。登場間もない最新の軍用ライフルのスポーター化とあって、当時は注目を浴びた。

 1.6倍率の光学サイトを標準装備したF2000と、ピカティニーレールとフリップアップタイプのアイアンサイトやフォアグリップを標準装備したF2000タクティカル、そして上記のFS2000が現在販売されている。

 また、サウジアラビア軍やスロベニア軍ではF2000タクティカルとは異なりキャリングハンドル兼用のピカティニーレールを配したF2000Sというモデルを採用している。

資料を読んでわかりましたが、ようするに使いにくい子ですね・・・
d0228501_21415692.jpg


まぁ御坂妹なら使いこなしてくれるでしょう!!
[PR]

  by imairyoh | 2011-06-04 21:22 | ガン

<< GX9巻、ZEAL1巻購入+シ... 遊戯王大量購入!! >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE